ブロックチェーン・テクノロジーとは

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、
中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、
(一つの場所にデータを置かないようにして)壊すことができないネットワークを作る技術です。

ブロックチェーン誕生以前は、全てのトランザクション(取引)はVISAやPayPalや銀行などの第三者機関を通して行わなければなりませんでした。 従来のモデルだと第三者機関が中央集権として絶対的な力を持っていたわけです。ですから、これらの第三者機関が「このトランザクションは有効であり、正しい」と言えばそれが正解になってしまっていたのです。 しかし、ブロックチェーンを使えば第三者機関を通さずにしてトランザクションのコンセンサス(合意)を得ることができるようになりました。つまり、買い手と売り手が直接取引できてしまうのです。

ビットコインを開発した謎の開発者、サトシ・ナカモト、はインターネットの誕生以来の革新的なテクノロジーを発明したのです。

BCCCブロックチェーン推進協会

Blockchain技術の未来を確信する国内有志メンバー(企業・個人)が、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、Blockchainの普及啓発を行い、自らBlockchainの適用領域を拡大します。

BitShares/ビットシェアズ

今、注目のアルトコイン
BitSharesを買ってみる
'bitshares

ビットコインが使えるお店

現在日本国内でビットコインを使えるお店を掲載しています。ただし、当ページの情報が古い可能性もありますので、ビットコインの支払いの可否等詳細については各店舗へお問い合わせください。国内のお店

国内ビットコイン市況

国内ビットコイン価格や出来高がわかります。 国内ビットコイン価格

ビットコインが世界通貨になる?!

ビットコインを開発した謎の開発者、サトシ・ナカモト、はインターネットの誕生以来の革新的なテクノロジーを発明しました。これを「ブロックチェーン・テクノロジー」と言います。
日本政府もビットコインを「貨幣の機能を持つ」と認定。

2014年、マウントゴックスの経営破たんによってビットコインの信用が低下。多くの日本人にとって、ビットコインは終焉を迎えたと思われたほどでした。

しかし、世界の多くの発展途上国や経済破綻を迎えた国によって下支えされ、着々と利用価値を高め、いまやビットコインの技術が新たな金融ソリューションになると世界中で開発が取り組まれているほどです。

日本政府も仮想通貨ビットコインを「貨幣の機能を持つ」と認定しました。また、名だたる企業が続々とビットコインに参入しています。.

Bitsheres/ビットシェアズ(BTS)を買ってみる

最新ニュース

お問い合わせ

Top